トレーナー紹介/TRAINER

後藤 啓太|福島市のトレーナー

後藤 啓太

Keita Goto

初めまして、後藤啓太です。
宜しくお願い致します。

プロフィール

【名前】
後藤 啓太(ごとう けいた)

【身長】
172センチ 

【誕生日】
6月1日

【座右の銘】
「好きこそ物の上手なれ 」 

ライセンス

柔道整復師(国家資格)

後藤 啓太|福島市のトレーナー

ヒストリー

私は小さい頃から高校生までずっと野球をやってきました。
高校生の時には甲子園出場を目指して県外の高校にスポーツ推薦で進学するほど、自分なりに真剣に取り組んできました。

その野球人生の中で感じた事が、大きく2つあります。

1つはスポーツはとても素晴らしいものだなということです。
もちろん練習が辛かったり試合に負けて悔しい時もありました。
しかし、それよりも試合に勝った時の嬉しさ、達成感があったのを覚えています。

また、今の私は野球を通して作られたと言っても過言ではないくらい、沢山の事を学ぶ事ができました。
このような面でスポーツは、本当に素晴らしいなと思いました。

2つ目は怪我の怖さです。

前述した様にスポーツは素晴らしいものだし、楽しいものだと感じています。
でも、それが嫌なもの、つまらないものに感じる瞬間がありました。

それは怪我をしている時です。
全力でプレーできない、プレーすると痛い、これは私がスポーツをやってきた中で唯一スポーツを嫌いになりそうになる瞬間でした。

私は自分のスポーツ人生の中でこの2つのことを強く感じました。

そして、高校3年生の時に将来やりたい事を決めました。
スポーツの楽しさ、素晴らしさを沢山の人に伝えたい、そのためには怪我なく出来る様にしなくてはいけない。

その思いから僕は「怪我を無くすためには治療が必要だ」と感じ、昔からお世話になっていた桂はりきゅう整骨院さんの院長先生の紹介で、柔道整復師の資格を取るために郡山市の専門学校に通いはじめました。

専門学校卒業後は桂はりきゅう整骨院で勤務させていただける事となり、やりたい事のスタートラインだった治療家になるということを叶えられました。

スポーツの素晴らしさを伝えたい、怪我をなくしたい、その想いで治療をする中で気づいた事がありました。

痛みは人生の質を下げてしまう。
そしてこれはスポーツに限った事ではないということです。

もちろん怪我はアスリートにとって練習の弊害となるものでしたが、それは一般の人にも当てはまる事だったのです。
仕事をしている中で肩が痛い、腰が痛い、膝が痛いなど身体に痛みがあると仕事もしたくなくなります。

それと同時に痛みを出さない体作りということにも興味が芽生えました。
アスリートが楽しくスポーツをするためだけでなく、一般の人が楽しい生活を送るためには怪我をしない事身体に痛みを抱えない事も大切だなと感じました。

そしてそのために必要なのは正しく身体を動かす事、正しいトレーニングをする事だと考えました。

福島市のパーソナルトレーニングジムその想いから私はこの運動指導者、トレーニング指導者という道に目指しました。

運動やトレーニングを通して、

怪我をなくしたい。
パフォーマンスアップをしたい。
スタイルをよくしたい。

さまざまな目標を叶えるサポートをして皆さんの生活が少しでも豊かなもの、望むものになる様に一生懸命これから仕事をしたいと思っています。

まだまだ若輩者の私ですが、志し高くD’mov Training Center で皆さんの夢をそして、私の夢を叶えられる様頑張りたいと思います。

よろしくお願いいたします。

一番上に戻る
TEL:024-529-7686 見学・体験
随時受付中見学・体験
随時受付中